どうしても欲しい物があってキャッシングを利用した丸田(仮名)さんの体験談

妻が節約に燃えていて、私の小遣いはがっちり管理されています。
現金は財布の中にいくらまで、クレジットカードは持たないなど決められてるので、思い切った買い物は妻に相談してからでないと買うことができません。
独身時代からの趣味である真空管のオーディオは、少ない小遣いの中からやり繰りして楽しんでいました。

先日、行きつけのオーディオショップで仲のいい常連客どうしで情報交換していた時、掘り出し物のアンプがあると聞きどうしても欲しくなってしまいました。
今日か明日中に払えてるなら購入可能だと言われ、困ってしまいました。
私が今自由にできるお金は、そんなにはなかったからです。

でもこれを逃したらもう二度と手に入らない、そう思ったら我慢できなくなり、キャッシングをしてしまいました。
キャッシングのやり方はその常連客の1人から詳しく聞いて納得できたので、決心できたのです。
小心者なので心臓が飛び出そうでしたが、意外と簡単に借りられたので拍子抜けでした。

返済は来月入る予定のボーナスを充てますが、妻にどう切り出せばいいのか分かりません。
キャッシングをしたことは絶対言えません。
それだけは隠し通すつもりです。
キャッシング スマホについては【キャッシングスマホ解説】|いつでも申込める大手キャッシング一覧